関西 大阪 しつけ教室 訪問 犬のしつけならC*SunnyDogへ<大阪・兵庫・豊能・川西・箕面>

お問い合わせはこちらどうぞ 体験レッスン


vol.1 そもそも「しつけ」は必要か?



こんにちは、C*SunnyDogの大橋です
ワンちゃんのしつけ、トレーニングに関するお仕事をさせていただいている私ですが、
今日は「そもそも、しつけは必要か」というところを考えてみたいと思います。


(吠えることでご相談をいただいたこたろうくん)

■しつけとは
一口に「しつけ」といってもたくさんありますね。
しつけ教室、訓練、幼稚園、保育園。ごほうび(おもちゃ、フード)を使うか使わないか。

今日はひとまず、一般のお家で飼われているワンちゃんのしつけについて
考えていきたいと思います。

しつけとはもちろん「おすわり」「ふせ」「おいで」などの
人の号令を聞く(指示語トレーニング)も入りますが、
どちらかというと、「暮らし方」のほうがしっくりくるように思います。

本来、ワンちゃん、「犬」という動物は人とは全く違う生物。
人と一緒に暮らしていく上で、うまくいかないこと、
ちょっとした工夫や知識が必要なこともあります。

「問題行動で困っているんです」とご依頼いただいて、
実際にお伺いしてみると、ほんの少しの工夫で なんの指示語トレーニングも
必要とせず解決してしまうこともあります。

または、 「飼い方について総合的にアドバイスが欲しい」と ご依頼いただくこともあります。
こういったケースは「しつけ」というよりもまさに「暮らし方」です。

「しつけ」とは、「暮らし方」を含んだ、 ワンちゃんと一緒に暮らすためのツール、
手段だと思います。

■しつけは必要か?
例えば、とてつもなく吠えるワンちゃんがいたとします。
マンションに住んでいて、近隣からは苦情、 管理会社からは退去願いが来ています。
そんなワンちゃんが、コンビニもないような地方へお引越ししたらどうでしょう?
(まさにわたしの実家みたいな場所ですが…)

隣の家までは1キロは離れていて、駅までは車で30分以上かかる。
好きなだけ吠えても誰にも迷惑はかからない、そんな場所であれば、
そして飼い主さんが吠え声をストレスに思わないのであれば、
もう、吠えをコントロールするトレーニングは必要ないかもしれませんね。


(吠えでご相談いただき、レッスンにかかわらせていただいた、はなちゃんとさちちゃん)

■しつけが必要なポイント しつけが必要かどうかは3つのことで決まります。
@家族以外の方に迷惑がかかったり、マナー違反になっていたりはしないか
A家族がしつけを必要と感じているか
Bおでかけ先や非常時でも今の状態で問題ないか

@はまず近隣の方がどう感じられているかです。
家族の方が「問題ない」と感じてることでも、お隣の方は違うかもしれません。

Aは家族が困っているかという点です。

Bは避難するときやペットホテルなどに預けるとき、
出かけるときなどに 困ることがないかどうか、です。
お家ではいい子、うちの子はしつけなんて必要ない!
でも、お家以外ではどうですか? お留守番中に寂しくてワンちゃんは吠えていませんか?
避難するとき、クレートに進んで入ることができますか?
お母さん、お父さんと離れて預けたりしても元気に過ごせますか?

■まとめ
「うちの子、覚えがわるい・・・」「教えてもできない・・・」
人とは違う生き物なのですから、うまくいかないこともあります!
次は違うトレーニング方法でアプローチしてみてはどうでしょう?

育児は途中で投げ出すわけにはいきませんよね、 育犬も一緒です、
諦めずチャレンジしましょう!

ちょっとした指示語を聞いてくれるだけでも 飼い主さんは楽チンですし、
おでかけでもおりこうにするためには、 最低限のトレーニングは必要だと思うのが結論です。

10年以上一緒に暮らす愛犬のために、
ちょっとだけ 一緒にしつけにチャレンジしてみませんか?
愛犬と何かをする、「できた!」という達成感を愛犬と味わう、
こんな素敵なことはありませんよ!


※C*SunnyDogブログで掲載していたものに加筆修正をしております。
※無断の転載やコピー、プリントアウト等はご遠慮ください。


PAGE TOP