関西 大阪 しつけ教室 訪問 犬のしつけならC*SunnyDogへ<大阪・兵庫・豊能・川西・箕面>

お問い合わせはこちらどうぞ 体験レッスン


vol.4 ワンちゃんのトイレのしつけ




今日はワンちゃんのトイレのしつけについてです。



ワンちゃんのトイレのしつけ、
ワンちゃんを飼う上では必ず必要となってくる項目ですね。

実際、訪問レッスンでもトイレのしつけについてお問い合わせいただくケースも多いです。

「なかなか覚えてくれない・・・」
「失敗ばかりされる」
「当てつけのように失敗する」
と、飼い主さんからのヘルプのお声をよくいただきます。
ポイントをしっかりおさえておけば、今からでもトレーニングは可能です。


■排泄サイクルを知ろう
子犬と成犬では排泄サイクルは違います、まずはサイクルを知っておきましょう。

・子犬 おしっこ1日5回以上、ウンチ3回以上します。
お水を飲んだあと、遊んだあと、ごはんのあと、起きてちょっと動いたあとなどは
排泄する確率が高いので、そのチャンスを逃さないように注意しましょう!

・成犬 おしっこ1日3回以上、ウンチ1〜3回します。
パピーとはちがい、ある程度はガマンできるようになってきているので、
いつ頃するか、把握もしやすいので、しっかり対策しましょう!

排泄サイクルを知るために有効なのは「おトイレノート」です。
何時に、どこで、おしっこかウンチか、その時飼い主さんは何をしていたか、ごほうびの有無
をノートに記入していきます。
すると、どういうタイミングでおトイレしやすいのか、
その排泄をきちんとトイレでさせるためにはどうしたらいいのか、
対策を練ることができやすくなります。




■鉄則は「失敗させない」そのための環境づくり

ワンちゃんの排泄の失敗があると、 カーペットにニオイはつくし、飼い主さんもどうしてもイライラしてしまいますよね。
また、家具やラグに、おしっこのニオイがついてしまうと、
同じ場所で繰り返し排泄しやすくなってしまいます。
失敗させない!これがトイレのしつけの鉄則です。

トイレの成功率が80%以下なら、ワンちゃんをフリーにして、目を離すことは決してしないようにしましょう。
どうしても目をはなさないといけない場合は、スリングに入れて一緒にいるように工夫したり、
サークルやクレートに入れましょう。



C*SunnyDogのレッスンでも、
いかにトイレを失敗させないか、ここに重点を置いています。

失敗を繰り返さない、1回でもトイレでの排泄を増やすには、 「トイレで排泄をしやすい環境づくり」も必要不可欠です。
・ラグ、キッチンマット等はトイレトレーニングが終わるまで片付ける。
・布団やベッドのあるお部屋には行けないように物理的な工夫をする。
・トイレは分かりやすい場所で、かつ大きめにスペースを取る。
などなど、レッスンではそのワンちゃんに合わせてアドバイスをします。

ワンちゃんは元々1箇所で排泄をすることが少ない動物で、
かつ、寝床や寝床の近くを汚したがらない動物です。
サークルで狭く、寝床のすぐ隣がトイレ、というサークルはトイレトレーニングには不向きです。

そして、トイレで排泄ができたら、必ず毎回褒め、
食べ物のごほうびをわんちゃんにプレゼントしましょう!
トイレの成功のときのみ、出てくるような特別なごほうびを用意しておくのもいいですね。


■失敗してしまったときは・・・
お出かけから帰ってくると、玄関マットの上におしっこ。
イライラしたお母さんはつい・・・

「コラ!こんなところでおしっこしちゃだめでしょ!!」と怒ってしまうこともあるかと思います。

が、ワンちゃんは玄関マットでおしっこをしたことは大抵忘れてしまっています。
「お母さんが帰って来たら、なぜか叱られた!お母さんってイヤなことするなあ・・・」
と、徐々に飼い主さんが帰って来たら、怒られる!と、
恐怖を感じて、逃げてしまうようになります。

また、排泄した直後に叱ってしまうと、
飼い主さんがいない場所で排泄をする、もしくは排泄をガマンしてしまうようになります。

排泄した場所に鼻を押し付けて厳しく叱る、指を指して叱る、
これはして欲しくない叱り方ナンバーワンと言えるでしょう。


時たま、 「わたしが出かけている間にベッドで腹いせにウンチをする!」と
おっしゃる飼い主さんもいますが、
ワンちゃんは腹いせに何かをする、大好きな飼い主さんを裏切る、そんなことはしません。
飼い主さんが出かけたときに、普段は入ることを禁止されている寝室のドアが開いていて、
興味津々で入って探検していたら、
ふかふかのベッド(ワンちゃんにとってはトイレのし心地がいい場所)を見つけてしまい、
ウンチしちゃいました!という具合だと思います。


■まとめ
・ワンちゃんのトイレのタイミングをしっかりつかもう!
(オススメはおトイレノートをつけること)

・失敗させないように工夫を!

・叱らないであげてくださいね!

また、5〜6ヶ月以上のワンちゃんで、1日におしっこが10回以上ある場合や、
お家の壁や家具などに足を上げておしっこをする場合は、
マーキングである可能性が大きいため、また別のトレーニングが必要となります。


※C*SunnyDogブログで掲載していたものに加筆修正をしております。
※無断の転載やコピー、プリントアウト等はご遠慮ください。


PAGE TOP